メールを受信してみよう

トップページ > インターネット初心者の方へ > メールをやってみよう > メールを受信してみよう

メールの送信が出来たら今度はメッセージを受信してみましょう。

  1. メールの受信方法
  2. 受信したメッセージに返事を送ろう(返信)
  3. 受信したメッセージを他の人に送ろう(転送)

1.メールの受信方法

(1)Outlook Expressを起動する。

(2)ツールバーの「送受信」をクリック。
※Outlook Expressを起動したら、自動的に受信を行う設定にしている場合は、起動時に(2)の作業はしなくてもいいです。

(3)サーバにメッセージが無いか、コンピュータが確認するのでしばし待つ。

(4)受信トレイで確認する。(その1、その2いずれかの方法で。)

その1:「○通」または「メールを読む」をクリック。

その2:「受信トレイ」をダブルクリック。

(5)太字で標記されている分が未読のメッセージなので、そこにカーソルを合わせてメッセージのプレビューに表示させるか、ダブルクリックで表示させる。

未読メッセージの場合
未開封の封筒アイコンで表示し、件名なども太字で標記される。
既読メッセージの場合
開封された封筒アイコンで表示される。

2.受信したメッセージに返事を送ろう(返信)

 メッセージの作成で、アドレスを入力するのもいいですが、受信したメッセージを利用して返事を送ることもできます。

(1)返信したい相手からのメッセージの件名をダブルクリックし、表示させる。

(2)ツールバーの「返信」をクリックする。

(3)作成画面が表示される。
宛先には返信相手のアドレスが、件名には「Re:(相手がつけてきた件名)」が自動的に入る。

(4)メッセージを送信した時の要領で内容を入力し、ツールバーの「送信」をクリック。
相手が送ってきたメッセージ内容を削除してしまってから内容を入力しても何の支障もない。

3.受信したメッセージを他の人に送ろう(転送)

(1)受信メッセージの件名をダブルクリックし、表示させる。

(2)ツールバーの「転送」をクリックする。

(3)作成画面が表示される。
宛先には返信相手のアドレスが、件名には「Re:(相手がつけてきた件名)」が自動的に入る。

(4)メッセージを送信した時の要領で内容を入力し、ツールバーの「送信」をクリック。
相手が送ってきたメッセージ内容を削除してしまってから内容を入力しても何の支障もない。

分かる範囲内でお答えします。

「表示がない」「ボタンがない」などでお困りの方、その他の質問等は、
すこやか長寿財団・総務課までお問い合わせ下さい。

分かる範囲内でお答えします。

このページの先頭へ戻る