署名をつけよう

トップページ > インターネット初心者の方へ > メールをやってみよう > 署名をつけよう

 メールを送るときにも最後に自分の名前や連絡先、メールアドレスを付け加えましょう。

  1. 署名の作成
  2. 複数の署名を使い分けよう

 毎日たくさんのメールが送られてくる人は、メールアドレスと送信者名だけで相手を判断しなければなりません。でも、本文に名前やメールアドレスが書いてあると一目で分かりやすくなります。

1.署名の作成

(1)メニューバーの「ツール」→「オプション」をクリックする。

(2)「署名」タグをクリックする。

(3)「作成」をクリックする。

(4)「テキスト」にチェックを入れる。

(5)署名を入力する。

(6)「すべての送信メッセージに署名を追加する」にチェックを入れる。
返信・転送メッセージに署名を入れたくない場合は、「返信と転送メッセージには署名を追加しない」にもチェックをいれます。

(7)「適用」→「OK」をクリックする。

署名が入っているかをチェック!!

 「メッセージの作成」を開いた時に、下図のように作成した署名が表示されればOK。

2.複数の署名を使い分けよう

(1)「署名の作成」の要領で署名を作成する。

(2)どの署名をメインに使用するかを選択すると、「メッセージの作成」を開いた時に、選択した署名が表示される。

〇箸署名を選択する → ◆峇定に設定」をクリック → E用 →ぃ錬

 複数の署名を設定していて、使用度がどれもあまり変わらない場合は、署名の設定のチェックを入れず、メッセージの作成時に挿入したほうがいいでしょう。

「メッセージ作成画面」のメニューバー「挿入」→「署名」→使う署名を選択

分かる範囲内でお答えします。

「表示がない」「ボタンがない」などでお困りの方、その他の質問等は、
すこやか長寿財団・総務課までお問い合わせ下さい。

分かる範囲内でお答えします。

このページの先頭へ戻る