インターネット用語集

トップページ > インターネット初心者の方へ > インターネット用語集

パソコンの操作や、インターネットをする上で出てくる用語を集めてみました。

五十音

 
 
     
 
         

英数字

A B C D E   P Q R S T
F G H I J   U V W X Y
K L M N O   Z        

インターネット用語集 あ行

(あ)

アイコン

パソコン上のファイルやソフトウエアを示す絵記号のこと。ダブルクリック(クリック)などの操作で、ソフトウエアを起動させたりファイルを開いたりすることができる。

アカウント

メールアドレスの@より前の部分のこと。
「info@sukoyaka-nagasaki.or.jp」の「info」を指す。

圧縮

パソコンで扱うデータのファイルサイズを小さくすること。

アップデート

パソコンに入っているOSやソフトウエアが販売・配布後に不具合が見つかった場合や新たな機能が追加された場合に修正・追加プログラムを組み込むこと。機能が向上するバージョンアップとは違う。

(参照)バージョンアップ

アップロード

自分のパソコンにあるデータを、ネットワークを通じてサーバに移動させること。

(参照)ダウンロード

アンインストール

インストールしたソフトウエアハードディスクから取り除くこと。

(参照)インストール

暗号化

電子メールの内容など、第三者が読めないようにする方法。

(い)

インストール

ソフトウエアハードディスクに追加すること。

(参照)アンインストール

インターネット

世界中のコンピュータをつないだ、巨大なネットワークのこと。

(う)

ウィザード

コンピュータからの指示に従い、いくつかの選択肢の中から回答を選んでいくだけで、本来なら難しい設定や操作を簡単に行える機能のこと。ウィザードとは「魔法使い」という意味である。

ウイルス

プログラムやデータファイルに取り付き、コンピュータの中で増殖して他のプログラムやデータファイルに取り付いていくプログラム。インターネットや人からもらったデータ等から感染し、ハードディスク内のファイルやデータを破壊してしまったり、パソコンの動作をおかしくしてしまうものがある。

ウィンドウ

パソコンの画面上に表示される四角いエリア。画面に窓が開くように見えることから、ウィンドウとよばれている。

ウェブ(Web)

World Wide Web(ワールドワイドウェブ)の略称で、もともとは「クモの巣」という意味。世界中にインターネットが広がっていく様が、まるでクモの巣が広がるように見えることからこのように呼ばれている。

(参照)www

ウェブサイト

ホームページが集まったものを指す。

ウェブページ

ひとつひとつのページのことを指す。ウェブページの最初に表示される画面をトップページと呼ぶ。また、ウェブページのことをホームページと呼ぶこともあるが、もともとホームページとはトップページのことを指す。

(参照)ホームページ

(え)

(お)

オフライン

ネットワークにつながっていない状態のこと。

オンライン

ネットワークにつながっている状態のこと。

このページの先頭に戻る

インターネット用語集 か行

(か)

カーソル

画面上では文字の入力位置や範囲を指定するための目安となるもの。矢印の形をしたマウスカーソル(マウスポインタ)と縦棒状のもの(|)が点滅している文字カーソルがある。

解凍

圧縮されたデータのファイルサイズを元のサイズに戻すこと。

顔文字

文字や記号の組み合わせで、顔の表現をしたもの。ASCIIともいう。
(例)(^_^) m(_ _)m (>_<)

拡張子

ファイルの種類を表すためにファイルの末尾につけられているもの。テキストファイルなら「.txt」、ワードで作成された文書ファイルなら「.doc」画像ファイルは「.bmp」「.gif」「.jpg」といったように「.」の後ろに3文字が付けられる。

(き)

機種依存文字

丸囲みの数字やローマ数字、単位など特定のパソコンでしか正しく表示されない文字のこと。
Windows搭載のパソコンでは表示できてもMacintosh搭載のパソコンでは表示できない合があるので、電子メール掲示板等ではなるべく使用を避けたほうがよい。
(例) ´僉´

起動

コンピュータの電源を入れることやソフトウエアを開くこと。

強制終了

画面が固まってしまい、ソフトウエアやシステムの終了ができなくなってしまった場合の終了方法のこと。

(く)

クリック

パソコンのマウスボタンを押して素早く離す操作。一度押すことをシングルクリック、二度押すことをダブルクリックと言う。
Macintoshにはボタンは1つしか無いが、Windowsには2つあり、ファイルなどを選択するときやメニューバーからメニューを表示させるときには左ボタンを、メニューの表示をさせるときには右ボタンを押す。

(け)

検索エンジン 検索サイト

サーチエンジンともいう。指定したキーワードを元にインターネット上から関連したホームページを探し出すもの。代表的なものに「Yahoo!」や「Google」などがある。

(こ)

コンテンツ

ホームページに含まれるテキストや画像などで構成される内容のこと。

このページの先頭に戻る

インターネット用語集 さ行

(さ)

サーバ

ネットワークを通して、電子メールホームページなどインターネットサービスを行うコンピュータのこと。

サイト

情報発信の基地=Siteから、インターネットに接続されているコンピュータのことを指すが、たくさんのホームページの集まりのことをサイトと呼ぶ。

(し)

ショートカット

短く(Short)+省く(Cut)。
実際に置いてある場所とは別のところに作成することによって、何回か続けて行う操作を1回の操作で行うことができる。

署名

電子メールの最後につけるサインのこと。自分の名前やメールアドレスなどを書くことが多い。

(す)

スクロール

画面に収まりきれない隠れた部分(下や右側など)を表示させる時に少しずつ移動させて表示させること。

スクロールバー

画面で見える範囲を上下左右に移動させるため、画面の右端や下側にあるバーのこと。

スパムメール

不特定多数の人に向けて送られる、勧誘や広告などを目的とした迷惑メール。メールアドレスは英数字や記号を組み合わせているため、コンピュータがランダムに生成したアドレス宛に配信されることが多い。

(せ)

(そ)

ソフトウエア

コンピュータを使うための命令の集まり。プログラムのこと。

このページの先頭に戻る

インターネット用語集 た行

(た)

ダウンロード

インターネット上にあるサーバからソフトウエアやデータを自分のパソコンに取り込むこと。

(参照)アップロード

タスクバー

Windowsの画面一番下に表示される部分を指す。現在実行中のソフトウエアをボタンとして一覧表示させる。

(ち)

チャット

Chatとは「気楽にはなす」という意味。
インターネット上で複数の人がほぼリアルタイムで会話ができるシステム。

(つ)

ツールバー

ウィンドウ画面の上部に機能をアイコン化して並べたもの。

(て)

テキストファイル

文字と改行などで構成されるファイルのこと。

デスクトップ

  1. 卓上型パソコンこと。デスクトップパソコンの略。
  2. パソコンを起動させた時に表示される基本となる操作画面のこと。

電子掲示板(掲示板)

BBSとも言う。ある話題について自分の意見や感想を書き込んだり、他人の投稿内容を閲覧したり、質問の回答をもらうことができる。

電子メール

Eメールとも。手紙のやりとりをネットワーク上で行うこと。

添付ファイル

電子メールの本文以外に添付されたファイルのこと。本文の他に画像ファイルなども一緒に送信したい場合に利用する。

(と)

ドメイン

インターネット上のホームページの住所を示す。「http://www.sukoyaka-nagasaki.or.jp/」のうち、「sukoyaka-nagasaki.or.jp」の部分をドメインと呼ぶ。「sukoyaka-nagasaki」の部分は会社名や学校名など組織を表している。「or」の部分はは組織の種類を表しており、企業であれば「co」「com」が入る。「jp」は国(日本)を示している。

ドラッグ アンド ドロップ

ドラッグとは「引きずる」、ドロップとは「放り出す」という意味。
移動させたいファイルやアイコンの上に、マウスカーソルを合わせ、マウスの左ボタンを押したまま目的の場所まで動かしてから離すこと。

このページの先頭に戻る

インターネット用語集 な行

(な)

(に)

(ぬ)

(ね)

ネチケット

「ネットワーク・エチケット」の略語。ネットワーク上のやり取りにおいて守るべきマナーやルールを指す。

ネットサーフィン

リンクをたどりながら色々なホームページを楽しむこと。

ネットワーク

データやファイルなどを共有したり、やり取りをしたりするために、複数のコンピュータをつないだ状態のこと。

(の)

このページの先頭に戻る

インターネット用語集 は行

(は)

バージョン

ソフトウエアの改訂番号のこと。機能が改訂されるたびに「Ver.6.0」のように番号が追加される。

バージョンアップ

古いバージョンのソフトウエアを新しいものに改訂すること。アップグレードともいう。

ハードディスク

コンピュータ内でデータを保存するために使われる装置。ハードディスク内には、パソコンを動かす基本ソフトウエアや自分で作成したファイルなどが保存される。

ハッカー

本来は、コンピュータやネットワークに極めて詳しい人のことを指していたが、悪意を持って不正にネットワークやコンピュータに接続する人のことを指す場合もある。

(ひ)

(ふ)

ブックマーク

ブラウザの機能の一つで、いちいちホームページのアドレスを手で入力しなくて済むように記録しておくもの。Internet Exploreの「お気に入り」のこと。

ブラウザ

ホームページを閲覧するアプリケーション。Webブラウザともいう。

ブログ

インターネット上に記録される、という意味の「ウェブログ」の略。記事や日記などを時系列にログ形式で公開・更新するもの。通常のホームページ制作よりも簡単に公開・更新ができる。

プロバイダ

インターネットに接続するための通信回線を提供する業者のこと。

(へ)

(ほ)

ホームページ

もともとはトップページを指していたが、最近ではそれぞれのページやコンテンツ全体をホームページと呼んでいる。

(参照)Webページ サイト

このページの先頭に戻る

インターネット用語集 ま行

(ま)

(み)

(む)

(め)

メーリングリスト

電子メールを使って特定の話題や情報を特定のグループ内のメンバーに送ることができる仕組み。メールアドレスを持つ複数のユーザーでグループを作り、一つのメールアドレスに登録し、そこに送信すると全員にメールが送られる仕組みになっている。

メールアドレス

電子メールを送るときに使用する住所のこと。

メールサーバ

電子メールを送ったり受け取ったりする時に接続するコンピュータのこと。

機能を選択する画面のこと。画面上部にあるメニューバーの項目をクリックして表示させるか、マウスの右クリックで表示させることができる。

画面の上のほうにある処理方法の一覧を表示している部分のこと。

(も)

文字化け

電子メールホームページなどの文字が、読めない記号や漢字に置き換わって表示される現象。

このページの先頭に戻る

インターネット用語集 や行

(や)

(ゆ)

(よ)

このページの先頭に戻る

インターネット用語集 ら行

(ら)

(り)

インターネットでホームページから別のホームページへ接続すること。
リンクは、下線や色を変えた文字で表示されたり、画像ファイルに貼られることがある。

(る)

(れ)

(ろ)

このページの先頭に戻る

インターネット用語集 わ行

(わ)

このページの先頭に戻る

インターネット用語集 A〜E

(A)

ASCIIアート

アスキーアート。顔文字のこと。

(B)

BBS

電子掲示板のこと。

(参照)電子掲示板

BCC

Blind Carbon Copyの略。電子メールを送る際、一人の人だけではなく複数の人にも送りたいが、送信先のメールアドレスをヘッダー欄に表示させたくない時(送信した人たちに複数のメールアドレスを見せたくない時)に使用する。

(参照)CC

(C)

CC

Carbon Copyの略。複数の人に同じメールを送りたい時(同報送信)に使用する。メールのフッダ部分に送信した全アドレスが表示される。

(参照)BCC

ホームページを運用している側が閲覧している人を特定する方法のひとつ。

(D)

(E)

Eメール

電子メールのこと。

このページの先頭に戻る

インターネット用語集 F〜J

(F)

FAQ

Frequently Asked Questionsの略。いわゆる「Q&A」のことで、よう受ける質問とその答えをまとめたもの。

(G)

(H)

HTML

Hyper Text Mark-up Languageの略。ホームページを作成するための言語。インターネット上のホームページはこのHTMLで作成されている。
実物を見たい場合は、メニューバーの「表示」→「ソース」で表示される。

(I)

IPアドレス

インターネット上に接続されているコンピュータにつけられた住所のようなもの。

(J)

このページの先頭に戻る

インターネット用語集 K〜O

(K)

(L)

(M)

(N)

(O)

OS

Operating Systemの略。コンピュータを簡単に利用できるようにしたソフト。代表的なものにマイクロソフト社のWindowsやアップル社のMac OSなどがある。

インターネット用語集 P〜Z

(P)

POPサーバ・SMTPサーバ

プロバイダが提供する電子メール用のサーバのこと。POPサーバは受信用で、SMTPサーバは送信用のサーバ。

(Q)

(R)

(S)

SSL

データを暗号化してやり取りをすること。個人情報をやり取りする際、暗号化することにより第三者からの情報を見られることを防ぐことができる。

(T)

(U)

URL

Uniform Resource Locatorの略。ホームページのアドレスを指す。

(V)

(W)

WWW

World Wide Web の略。ウェブともいう。

(参照)ウェブ

(X)

(Y)

(Z)

このページの先頭へ戻る