アクティブ・エイジングサポート事業

トップページ > 生きがいと健康 > アクティブ・エイジングサポート事業

  高齢者が健康寿命を延ばし、生活の質を向上させることを目的に、健康づくりの実践とスポーツの普及・振興を図るとともに、地域内の実践リーダーを育成し、「閉じこもり気味高齢者」の社会的参加促進に取り組む事業を実施しています。

リーダーフォローアップ研修会

リーダーフォローアップ研修会

リーダー強化研修会
(バウンドテニス)

リーダー強化研修会(バウンドテニス)

高齢者の健康増進事業と介護予防
(いきいき百歳体操)

高齢者の健康増進事業と介護予防」(いきいき百歳体操)

1 モデル事業

  • (1)身体的活動を通して、健康的なライフスタイルを習慣化し、自分のケアに積極的に参加することを促す。
  • (2)老後生活にあたり、家族や地域の生活に、これまでと変わらない積極的な参加を通して、ボランティア活動への参加やポジティブな社会参加を促す。
  • (3)市町、社会福祉協議会、老人クラブ連合会、競技団体等の関係機関が連携し、地域のニーズにあった活動を通して、高齢者が安心できる社会(セルフケア、高齢者にやさしい環境、世代間の連帯)づくりを促す。
      モデル指定地区:松浦市

2 サポート事業

地域を指定し、モデル事業を参考に地域の実態に応じたアクティブ・エイジング
サポート事業の推進を図る。(モデル事業終了後実施予定)

3 シニア競技普及事業

  • (1)シニア競技「指定種目」普及事業
    インドアスポーツとしてのバウンドテニスを県内に普及・定着させるため、県協会指導のもと、3年以内の期間で事業支援を行う。
      指定競技:バウンドテニス 指定地域:大村市
  • (2)シニア競技「地域指定」普及事業
    松浦市を指定し、バウンドテニス競技を普及・定着させるため、3年以内の期間で事業支援を行う。

このページの先頭へ戻る