長崎県認知症サポートセンター

トップページ > 長崎県認知症サポートセンター > 若年性認知症支援コーディネーター

若年性認知症支援コーディネーターとは

若年性認知症について 若年性認知症に関しては、医療・介護の分野の他、地域においても少しずつ認識されつつあります。しかし、実際に診断をされた若年性認知症の人や家族にとっては、初めての経験であり戸惑いや将来に対する大きな不安があります。
配置の目的
  • 認知症の中でも対象が65歳未満と言うことから、病状の進行の他、就労・家族への負担増大(精神面、経済面、介護面)、社会参加への直面する問題への支援が必要となる。
  • 都道府県レベルの若年性認知症の視点に立った支援の拡充を図る。
  • 身近な地域である市町村のレベルでの支援の充実を進める。
役割
  • 若年性認知症の本人と家族の直面する問題が多面的であり、長期的な介入となるために相談できる窓口はワンステップ機能が望ましい。
  • 若年性認知症コーディネーターは、まずネットワークの構築に務め、若年性認知症の人のニーズに合った関係機関やサービスの担当者との「調整役」になる事が期待される。
  • 若年性認知症支援への普及啓発活動が必要。
主な業務
  1. 相談内容の確認と整理
  2. 適切な専門医療へのアクセスと継続の支援
  3. 利用できる制度・サービスの情報提供
  4. 関係機関との連絡調整

若年性認知症支援コーディネーターの仕事

医療機関はどこを受診したが良いの?

利用できる社会制度やサービスについて知りたい

自分や家族が相談や交流できる場所を知りたい

今の会社で働きたい。何か仕事をしたいけど・・

・相談窓口
・関係機関との連絡調整
 (相談専用電話)
 095−847−0473

このページの先頭へ戻る