沿革

トップページ > 財団の紹介 > 沿革

昭和62年10月 (財)長崎県シルバーサービス総合センターを設立
高齢者総合相談センター事業を開始
事務所を長崎市江戸町5番9号に置く
平成3年4月 (財)長崎県すこやか長寿財団に改組
明るい長寿社会づくり推進機構事業を開始
同年8月 事務所移転(長崎市江戸町6番5号 江戸町センタービル)
平成10年4月 事務所移転(長崎市油木町5番3号 長崎県すこやか長寿会館)
同年10月 介護実習・普及センター事業を開始
平成18年4月 介護サービス情報の公表に関する指定調査機関として事業開始
平成19年3月 高齢者総合相談センター事業終了
同年4月 事務所移転(長崎市茂里町3番24号 長崎県総合福祉センター3階)
平成23年3月 介護サービス情報の公表制度に関する事業終了
平成24年4月 公益財団法人に移行
平成30年3月 介護実習・普及センター事業終了
平成30年4月 認知症サポートセンター設置事業を開始

このページの先頭へ戻る